BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 【進化】Day 2 〜 東京・LINE CUBE SHIBUYA (2020-02-14)

2018年4月から始まった「WORLD DOMINATION TOUR(【宣告】→【侵略】→【激動】→【進化】)」のファイナルお給仕。

2階最前席で見ていましたが、直前に献血に行っていたので(冬場は不足気味になるそうです)、無理せず最後まで座って見ていました。座ったままだったので、盛り上がってないように見えたかもしれませんが、勿論そんなことはなく、いろいろと感慨深いものがありました。

 

セットリスト

  1. 輪廻
  2. Blooming
  3. Screaming
    ・小鳩MC
  4. Dilemma(音源より全然良くてビックリ)
  5. glory
  6. FREEDOM(間奏で、新&ロング版ドラムソロ)
  7. Choose me
  8. PAGE(小鳩はアコースティックギター
  9. Mirage
    ・彩姫MC
  10. YOLO (Kanami + 彩姫。アコースティックバージョン)
  11. Puzzle(Misa + Kanami + 彩姫)
  12. カタルシス
  13. Bubble
  14. The Dragon Cries(ライブだと違和感なし。幕演出も改善されていて良かったと思う ※見る位置で印象違うかもしれません)
  15. I can’t live without you.(彩姫のボーカルの進歩がわかりやすく出る曲ですね)
    ・小鳩タイム
  16. TIME
  17. Wonderland
  18. alone
  19. DICE
  20. Don’t you tell ME
  21. Play
  22. DOMINATION(この曲の間奏アレンジは今日のハイライトの一つ)
  23. endless Story(彩姫MC始まり)

 

 2年に及ぶ「WORLD DOMINATION TOUR」および「WORLD DOMINATION TOUR【進化】2 Days」のファイナルということで、演者側も大きな節目と位置付けていたお給仕だったと思います。そして、それは公演終了後の告知(特に来年2月11日の「武道館ライブ」)で、見ている側にも明らかになりました。

たぶん、「日本征服もまだなのに、世界征服(World Domination)?」という意識はメンバーにもあって、「日本征服」の一つのマイルストーンが「武道館(または○○アリーナ)」だったのではないでしょうか(だとすると、「WORLD DOMINATION TOUR」ファイナルの「【進化】2 Days」発表時には、「武道館」に向けて動いていたことになりますね)。

 

前日の Day 1 では、最新アルバム「CONQUEROR」の全曲をアルバムの曲順通りに演奏したと聞いていたので、「じゃあ、今日はアルバムの逆順だな」と思っていたんですが、そうではなく、最後に「アリーナでシンガロング」がテーマの「endless Story」を持ってきていたのも、後の発表を考えるといろいろ納得です(この曲の入りのMCで、若干彩姫の声が上ずって聞こえたのは気のせいだっただろうか?)

 

そして、今日のお給仕には「余裕」というか「貫禄」のようなものを感じました(とは言っても、たまにポカもあるので、この言葉が似合うようになるのはまだ先でしょうけどね)。個人的にそれを大きく感じたのは「DICE」。以前にも書きましたが、この曲は私にとって BAND-MAIDとの出会いの曲で思い入れも多いのですが、他の楽曲は「音源よりライブの方が素晴らしい」と断言できるのに「DICE」はそれが断言できずにいた(最近のパフォーマンスは「合格」とは思っていた)。今日、ついにそれを乗り越える日が来たという感じです。

 

ともかく、一つの大きな目標まで道は繋がりました。

おめでとう。 

f:id:OTMGK:20200215105058j:plain

Yoshikiさんは以前の「Yoshiki Channel」出演のご縁ですかね

※「目標の達成」自体はまだなので、油断せず、万全の準備で臨んで欲しいと思います。

CONQUEROR

「Just Bring It」「World Domination」に続くメジャー3枚目のアルバム。「New Beginning」「Brand New Maid」のミニアルバムを含めると5枚目、インディーズ時代の「Maid in Japan」を含めると6枚目のアルバムとなる。

 

「Thrill(New Beginning収録)」以降、BAND-MAIDは Hard Rock路線を進んできたが、過去のアルバムはそれぞれ微妙に異なるものだったように思う。個人的な印象では、

  • 1960年代:New Beginning, Brand New Maid
  • 1970年代:Just Bring It
  • 1980年代:World Domination

のように、アルバムごとに過去の違った年代の洋楽(Rock)をベースにしているため、その時代の雰囲気が出ていると感じていた。例えば、New Beginningの「Beauty and the Beast」「Shake That 」は「 You Really Got Me」「My Generation」、 Brand New Maidの「Freedom」は「Somebody to Love」のように、60年代ロックの代表曲を彷彿とさせるようなメロディなりリフがある。

Just Bring It、World Domination にもそれぞれ 70、80年代を思わせる要素を持つ曲が散りばめられているが、それをいちいち挙げていっても詮ないことなので、そういうことはここでは遠慮しておきます。ただ、Nickelback「Animals」との類似を指摘されている「Take me higher!!(Just Bring It 収録)」について言うと、これは私からすれば、前期Doobie Brothers 以外の何物でもない。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

 

というわけで、ロック史を辿り直す形でそのサウンドを変えてきた BAND-MAID が、次のアルバムでどんな音楽性を見せるのか楽しみにしていた。次は 90年代のオルタナっぽいものになるのか、それともRock全盛期の70〜80年代をテーマに同じことを繰り返すのか。

発表されたシングル、MVからは、Rock の現代的=BAND-MAID流の再解釈という線が強いかと思っていた(Smile - otmgkの日記)が、結果は

  • 従来路線:flying high、Liberal、The Dragon Cries、
  • 現代風アレンジ:glory、Bubble、輪廻、Blooming
  • ミディアム〜スローテンポ:endless Story、PAGE、At the drop of a hat
  • Popベース:Mirageカタルシス、azure、Dilemma
  • ?:Wonderland

 と、楽曲の幅を広げる混合型のようですね。Popな曲も今時の J-Popというより、70年代ごろの洋楽ポップスが土台という気がします。CONQUEROR 配信開始 - otmgkの日記 で作った playlist では、Mirage、azure、Dilemma の(私には)Popベースに感じた曲を外しましたが、これは好き嫌いが理由ではなく、Rockからは微妙に外れると思ったからです。私だったらこの3曲はアルバムとは別にシングルでまとめるかな。まあ、今はリスナーがplaylistで好きな曲順で聴けるので、こんなこだわりは意味ないとは思いますが。

 

何にせよ、過去のアルバムで学習=再構築したRockを、現代に新しい形で提示するのには成功しているんじゃないでしょうか。アルバムジャケット、endless Story の MV の最後のシーン、そして Blooming というタイトルの曲と、このアルバムには「開花」のイメージがついていますが、内容的には文句なし。後は新しい世代にも広がって、セールスも付いてきてくれると言うことなしですね。

Inkcarceration Festival

いきなり、海外フェス参加が決まったようです。

https://i0.wp.com/inkcarceration.com/wp-content/uploads/2019/12/INKcarceration_Poster-FINAL2.jpg?w=1500&ssl=1

inkcarceration.com

出演者は、1990〜2000年代に活躍したロックグループが多いみたいですね。メタルフェスだとちょっと違う感じだと思っていたので、これは良いフェスに出れたのではないかな。

 

Loudwire にもフェスの記事が出ていました。

loudwire.com

  • まだ3年目のフェス
  • ステージは2つ
  • オハイオ州更生施設(ショーシャンク刑務所)が会場らしい
  • 有名なTattooアーティストも多数参加して、希望者にはボディアート(入れ墨?)を描いてもらえるらしい(ポスターにも「Music & Tattoo Festival」と書いてある)
  • お化け屋敷のアトラクションもあるらしい

何やら楽しそうですね。

Dilemma

www.shinko-music.co.jp

GiGSの記事で、「CONQUEROR」収録のDilemma がマスタリングの直前に急遽追加されたという話を読んだ時は、こんな感じだったんじゃないかと妄想していた。

 

登場人物:

 S:某バンドのボーカル。最新アルバムでいろんなタイプの歌が歌えて、すっかりご機嫌。自分のことを「サ○ちゃん」と呼ぶ

 鳩:某バンドのギター&ボーカル&作詞担当。バンド結成後にギターを始めたので、最初は当て振りだったが、最近はめっきり腕前も上がり、気分はすっかり楽器隊。

 A:某バンドのドラム。おバカキャラで通っているが、実はメンバー以外の友達も多く、細かい配慮もできて人付き合いが上手い。

 K:某バンドのギター。バンドの楽曲の基本部分を一人で作成。完璧主義故に他のメンバーへの要求も厳しく、どんどんハードルを上げていくが、それをクリアする側の大変さがイマイチわかっていないという、天才&天然にありがちなキャラ

 M:某バンドのベース。無口なので「クールビューティー」キャラ化されていたが、実は何も考えていない、ただの酒好きなのがバレつつある

 

「CONQUEROR製作会議(締め切り2週間前)」

(アルバム用の楽曲14曲が揃ったが、何か物足りないという話になる)

S:やっぱ、もう一曲必要ってことかな?(やっぱり小鳩曲がないとね)

鳩:(時間もないし、これはonsetみたいなアルバム未収録のインスト曲を入れようってことっぽね)そうっぽね、ご主人様お嬢様が期待してる曲が一つ足りないかも、っぽよ?

A:(そう言えば、The Dragon Cries の元のメロディは Tonyさんに削られて、あんまり使われなかったんだっけ。あれをリサイクルしてサビの部分だけ入れ替えればいけるかも)まだアルバムで使ってないフレーズあるんだよね?それ使えば行けそうかな?

K:(えー、まだ使ったことがないフレーズのストックがあるにはあるけど、残り2週間で形にできるかな。。。)うーん、デモ作るのに最低10日? 全体で合わせてからレコーディング終了まで3日ぐらい? それに他のメンバーのパートもあるし、アメリカツアーの準備もあるし、ね?(無理って言って!)

M:あたしのパートは1日もあれば。。。(酒飲みてー)

S:じゃあ、それで(小鳩曲なら、サ○ちゃん関係ないし)

鳩:じゃあ、それで(インスト曲なら、歌詞いらないっぽね)

A:じゃあ、それで(元が The Dragon Cries なら、そんなに速くないだろうし)

K:(ふえーん)

M:(あ、終わった。酒飲も)

 

「10日後」

K:できたよ! サ○ちゃんのために、ご主人様・お嬢様が喜びそうな速い曲を、ストックしていたフレーズで使えそうなの全部突っ込んで作ったんだからね!

S:えっ?(これ、あたしが歌うの?)

鳩:えっ?(これに歌詞つけるっぽ?)

A:えっ?(BPM=200超え?!)

M:(あれ、新曲作るの流れてなかったんだ)新曲完成おめでとう!かんぱーい!(プシュ)

 

実際にはこんな感じだったらしい。最初は Screaming を入れる予定だったみたいですね。

www.sundayfolk.com

Blooming

新アルバム「CONQUEROR」発売に合わせて新MVも公開されました。

www.youtube.com

  • Bloomingはtwitterredditでも評判が良かったので、いい選曲だと思います。
  • 最初聴いた印象だと Carry on Living っぽいと思ったんだが、MV で見ると glory の方が近いかな
  • DICEやThrill にはベースソロ→ギターソロという繋ぎがありましたが、こちらはドラムソロ→ギターソロという繋ぎから、更にコーラス→ベースと繋げるという
  • この曲にあの爽やかコーラスを入れるという発想はなかなかすごいですね
  • いくつかインタビューも出て、Blooming について書かれているものもありますね。メロディはメンバーからもアイデアを出してもらったとか

    natalie.mu

    tracks-live.com

    www.sundayfolk.com

    www.vanitymix.jp

    www.barks.jp

  • この曲はこれまでで一番日本で受けそうな仕上がりの曲だと思うので、国内でのブレイクを期待(さっき、日本のYouTubeの急上昇の音楽部門を見たら一番最後に出てきたんで、記念スクリーンショット。一つ上が「シブヤノオト」で御一緒したディーンさんですね)

    https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/O/OTMGK/20191211/20191211224829.png

CONQUEROR 配信開始

  • 全15曲。うち5曲(glory, Bubble, endless Story, 輪廻, The Dragon Cries)は配信済、4曲(azure、Wonderland、Blooming、Liberal)はライブで披露済。
  • 楽曲の幅は広く、逆に言えばアルバムとしてのまとまりは薄め
  • 今のところの贔屓曲は At the drop of a hat、PAGE、カタルシス
  • 予想では Blooming みたいな曲(World Dominationの '80年代HR/HMコーティングを現代風に変えたような曲)が増えるかと思っていたんだが、ちょっと違ったかな。詳しい感想は正式リリース後にでも
  • 急遽追加で2週間で製作されたのは Dilemmaらしい。そう言われると何やら開き直り感あるかも
  • 私だったら、曲追加じゃなくて、逆に曲を絞ってアルバムとしてのまとまりを出すようにするかな
  • 「輪廻」が最後の曲なのは Shut up で終わらせるという意図ですかね。ただ、これを最初にして、初見の人にもバンドの骨格というか輪郭が分かるようにしても良かったかなと思います
  • というわけで、「輪廻」始まりと「輪廻」終わりの playlist 作ってみました。オリジナルの後半の曲順は良いと思うので、そこはそのままです。6曲でA/B面入れ替わる感じで

The Dragon Cries

  • 12月11日発売予定の新アルバムからの先行配信
  • Tony Visconti プロデュースによる全編英語歌詞の楽曲

    https://pbs.twimg.com/media/EJuxPAWUEAISacK?format=jpg&name=900x900

  • BAND-MAID色、というか Kanamiのメロディックな要素が薄いかな
  • アメリカの中高年層に受けそう、というか、そこだけピンポイントで狙ったようにも思える

個人的な印象としては、BAND-MAIDというより、ブルースっぽいアメリカンハードロックを本格的にやってみた別プロジェクト(BAND-MAIKO みたいな)という感じ。

Dirty Honey とかと同じジャンルの別バンドみたいですね。

www.youtube.com

最初は違和感ありまくりでしたが、ライブバージョン聴いてみたいですね。