和洋折衷

昨日の記事で「和」とロックを融合させたバンドとして竜童組を紹介しましたが、こういう記事を見つけました。

popmusic.hatenablog.com

記事の内容は納得できるものなので、私も知っている範囲で、BAND-MAIKOみたいに Rock/Popsに「和」の要素を取り入れる試みにはどんなものがあったかを書いてみようと思います。

 

洋楽での和楽器の使用

洋楽に「和」の要素を取り入れる方法として、西洋楽器のパートをそれに似た和楽器で置き換える(ピアノ→琴、ギター→三味線、サックス→尺八、ドラム→和太鼓、フルート→篠笛など)というのがあります(和と洋では音階が違うのでアレンジも必要かもしれません)。

西洋音楽市場での和楽器の使用

先の記事にあるように、アメリカ・ヨーロッパの音楽市場で「和」テイストが注目されたのは、 A Taste of Honey「Sukiyaki」坂本九上を向いて歩こう」のカバー。1981年にビルボード全米シングル最高3位の大ヒットとなった)で間違いないと思います。

 

A Taste of Honey - Sukiyaki (1980)

youtu.be

そして、Sukiyaki の琴奏者が結成したアメリカのフュージョングループが Hiroshima なわけですが、このグループは日本でも80年代にCMの音楽を担当していたことがあるので、ご存知の方もいると思います。

 

サントリーホワイトCM (1982-84) ※ 2:08〜4:22 まで

youtu.be

夜桜、荒海、花火、富士山の4パターンあり、それぞれ違う曲ですが、Hiroshimaの担当です。もう一つ別バージョンもありました。

youtu.be

CMで使われている曲のうち、夜桜はCMオリジナルの「ホワイトドリーム・夜桜」。花火はサードアルバム収録の「San Say」なのはわかっていますが、後の曲名は確認できませんでした。

 

Hiroshima - San Say (1983)

youtu.be

Hiroshima は、SpotifyApple Music、Amazon Music Unlimited で聴けます。

 

現代音楽・ジャズでの和楽器の使用

和楽器の使用例だと、実験的要素を取り入れやすい現代音楽やジャズの方が古く、'60〜70年代からあるようです。現代音楽では、武満徹(「ノヴェンバー・ステップス」(1967) などの作曲)、ジャズでは尺八の山本邦山などが有名だと思います。

 

山本邦山+Blue Coats Orchestra - Take Five

youtu.be

 

洋楽の「和」風カバー or 純邦楽の「洋」風カバー

「和」と「洋」の混成ということだと、どちらかの曲を逆のスタイルでカバーする方法もあります。

洋楽の「和」風カバー

洋楽を和風にアレンジする方向だと、一番有名なのはこれですかね。

 

金沢明子 - イエローサブマリン音頭 (1982) ※大瀧詠一プロデュース

日本人に受けるタイプの洋楽と、音頭の相性は良いらしく(というか、音頭にできる洋楽が日本人に受けやすいのかも)、去年この tweet が話題になりました。

 

和楽器で J-Pop や洋楽をカバーする例は多く、YouTubeにもかなり動画が上がっています(「三味線(などの和楽器名) カバー」で検索すると結構見つかります)。今回探してみたところ、以下のような大規模編成のカバー動画も見つかりました。

 

和楽器+オーケストラ+黒人ボーカル - We Will Rock You ※ 2011年

www.youtube.com

 

純邦楽の「洋」風カバー

日本の純邦楽(民謡、雅楽など)を洋楽編成でカバーするアプローチだと、寺内タケシの民謡カバーが有名だと思います。

 

寺内タケシ - 津軽じょんがら節 ※ 1965年頃より開始

youtu.be

他の民謡の洋風カバーも探してみたんですが、「和」+「洋」の素晴らしい民謡カバーを見つけたので、ここに挙げておきます。

 

山本邦山(尺八)+石塚まみ(ピアノ、歌) - 竹田の子守唄

youtu.be

 

ワールドミュージックとしての邦楽

沖縄

世界的には、ある地域固有の民族音楽西洋音楽と融合して新しいポップミュージックを生み出すことがあります。最も成功したのはレゲエでしょう。レゲエのムーブメントは60年代末から70年代初めに起こりましたが、同じような動きが同じ時期に世界中で起きています。アフロビートが産まれたのもこの頃で、日本でも沖縄から新しいスタイルの音楽が産まれました。

 

喜納昌吉&チャンプルーズ - ハイサイおじさん (1969) ※ 日本でヒットしたのは沖縄返還の1972年

youtu.be

喜納昌吉は「花〜すべての人の心に花を〜」も有名ですね。

 

りんけんバンド - ありがとう (1987)

youtu.be

上々颱風 - 愛より青い海 (1991)

youtu.be

The Boom - 島唄 (1993)

youtu.be

夏川りみ - 涙そうそう (2001)

www.youtube.com

これら沖縄ルーツの音楽の特徴は、三線(蛇皮線)が入るところです。

 

ジャパネスク

ジャパネスクは、「外国人の目に異国情趣が強く感じられる純日本的な雰囲気(コトバンクより)」のことで、最初は「外国人がイメージする、実際の日本とは非なる異世界」のことも指していたと思いますが、ここでは「外国人が求めている日本の姿」みたいな意味ですね。外国人にとっての非日常で、外人が日本に来てこれがないとがっかりしちゃうようなものです。

「今現在の日本人として」というより、一度自分を日本人以外に客体視してから日本全体を(歴史的視点からも)俯瞰した上で、「日本らしさ」を取り出してみたもの、という感じですね。

 

サディスティック・ミカ・バンド - 黒船 (1974)

Rockの大物プロデューサー Chris Thomas が自ら望んでプロデュースを行った傑作『黒船』。冒頭「墨絵の国へ」のイントロのキーボード(琴の音を意識していると思われる)や「よろしくどうぞ」のお囃子にジャパネスクが見て取れると思います。

『黒船』については以下が詳しいです。

曲では「タイムマシンにお願い」が有名ですが、私は「どんたく」が好きですね。

 

松村和子 - 帰ってこいよ (1980)

www.youtube.com

こちらはジャパネスクとは少し違うと思いますが(どちらかというと「沖縄」の本土版でしょうか)、ポップス(演歌ではありますが)に三味線を取り入れ、ヒットさせたという意味で画期的でした。

 

竜童組 - ザ・カムイ (1985)

youtu.be

再掲。詳細は昨日の記事を参照ください。

 

陰陽座 - 甲賀忍法帖 (2005)

youtu.be

和楽器はそんなに入っていませんが、全体の世界観は「ジャパネスク(という異世界)」の典型例と言えるかも。この頃は、EXILEAAA というヒットメーカーもジャパネスクっぽい楽曲を出しています。

 

Monkey Majik × 吉田兄弟 - Change (2011)

youtu.be

吉田兄弟津軽三味線の奏者。コラボの経緯はわかりませんが、Monkey Majik吉田兄弟は、この後合同で北米ツアーを行ったとのこと。

 

BABYMETAL - メギツネ (2013)

youtu.be

燦然と輝く「和」メタルの傑作。近年 J-Rock が海外で受け入れられるようになったのは、このグループとこの楽曲の影響も大きかったはず。

 

和楽器バンド - 千本桜 (2014)

youtu.be

音楽における「ジャパネスク」の完全体。PV視聴数も1億回を超えました。

 

BAND-MAIKOも「ジャパネスク」の括りですかね。しかし、こうして見ると、「ジャパネスク」に最低必要なのは「和楽器」より「着物」の方なのかもしれません。BABYMETALはライブで着物を着ませんが、日舞で代用って感じかな。

SPECTRUM・竜童組

SPECTRUM

JAGATARA、VIBRASTONEとホーンセクション付きのバンドを紹介しましたが、メジャーなところでも、米米CLUB東京スカパラダイスオーケストラと'80年代に日本で結成されたホーンセクション付きのバンドが意外とあります。そして、それら日本のホーンセクション付きバンドの元祖と言えるのがSPECTRUMです。

 

SPECTRUM - LIVE/TIME BREAK + STUDIO LIVE 1979 トレイラー

youtu.be

このビデオは下のDVDの2013年タワーレコード限定版発売に合わせた正式なトレーラーです。

SPECTRUM LIVE/TIME BREAK~Spectalism 2004~ [DVD]

SPECTRUM LIVE/TIME BREAK~Spectalism 2004~ [DVD]

 

 以下は、このライブDVDからのクリップ。 

 

SPRCTRUM - SUNRISE (1980)

youtu.be

昭和のプロレスファンならご存知。スタン・ハンセンの入場曲として有名です。

 

SPECTRUM - 侍's (1980)

youtu.be

インスト曲。中盤のソロパート以降が聴きどころ。

 

SPECTRUMは今でも根強い人気があるようで、SpotifyApple Music、Amazon Prime Music に音源があります。ビデオ作品はもう一つ、1981年の武道館解散ライブがあります。

NEVER CAN SAY GOODBYE [DVD]

NEVER CAN SAY GOODBYE [DVD]

 

 

竜童組

ホーンセクション付きのバンドをもう一つ。80-90年代はワールドミュージックが結構注目されていた時期なのですが、その流れに沿うように日本の「和」の要素をロックミュージックに取り入れようという試みも見られました。その一つが宇崎竜童が率いた竜童組です。

 

竜童組 - ザ・カムイ (1985) ※ with 林英哲(和太鼓)

youtu.be

完全に「和」テイストな楽曲だと思うんですが、和楽器は打楽器のみで、ドラム、ベース、ギター、キーボードにホーンセクション、さらにはバイオリン、ハープも加わっています。竜童組はライブ映像がいくつかYouTubeにもありますが、「ザ・カムイ」は飛び抜けて素晴らしい曲だと思います。

 

竜童組は、現在配信はなく、正式音源はCDのみ。

YouTubeに上がっているビデオもテレビ出演時のもので、映像作品としては手に入らないものだと思います。

VIBRASTONE

VIBRASTONE

週刊文春考えるヒット」でお馴染みの近田春夫が90年代に率いたヒップホップグループ。ヒッポホップはあまり聴かないんですが、ギターがJAGATARAと同じ人だったので、それをきっかけに聴くようになりました。

 

VIBRASTONE - WABISABI (1989)

youtu.be

VIBRASTONE - YADA (1992)

youtu.be

詳しくないので違うかもしれませんが、ホーンセクション付きのヒップホップグループというのは珍しいんじゃないですかね。ホーンセクションは、ヒップホップよりファンク(EW&FTower of PowerParliamentなど)に多いという印象です。

 

近田春夫先生がこれ以前にどんな音楽をやっていたのかもほとんど知らなかったので、今回検索してみたんですが、次のビデオを見つけました。

 

ハルオフォン - FUNKYダッコNo.1 (1975)

youtu.be

近田春夫のメジャーデビュー作(ハルオフォン名義)なんですが、聴けばわかる通り、どファンクですね。他の作品は(YouTubeで見つけた限りでは)ど真ん中な「歌謡曲」が多い感じなので、これは異色作のようです。ダッコちゃん人形とのコラボだったので(途中でステージから投げ込んでいるのがそれ)、ダッコちゃん→黒人→ファンクとなったのかな?

 

VIBRASTONE結成の経緯はわかりませんでしたが、近田春夫に「JAGATARAとの交流(セッションやレコーディングに参加している)」があり、「ファンクがルーツの一つ」だったことは関係してるんじゃないかと思います。

 

VIBRASTONEは Spotifyにはありませんが、Apple Music と Amazon Music Unlimitedにあります。

VIBRASTONEのライブ動画は「VIDEO STONE」という作品のものっぽいのですが、VHSビデオのみの販売で現在は入手が難しそうです。

VIDEO STONE [VHS]

VIDEO STONE [VHS]

 

JAGATARA

 

しばらく '80〜90年代に聴いていたアーティストのビデオを紹介したいと思います。

JAGATARA

アフロビートAfrobeat)に強く影響を受け、80年代に活動したファンクバンド。アフロビートと言っても知らない人の方が多いと思いますが、まあ聴いてみてください。

 

JAGATARA - 裸の王様 (1987)

youtu.be

JAGATARA - でも・デモ・DEMO (1982)

youtu.be

80年代後半から90年代はロックのメインストリームが段々と閉塞状況に陥り、ジャンルミックスな音楽が注目され始めた(代表格はレッド・ホット・チリ・ペッパーズでしょう)時期でした。そして、ミックスされるジャンルに、ファンクやワールドミュージックなんかがあったのですが、当時のワールドミュージックのビッグネームの一人、アフリカのフェラ・クティというミュージシャンがやっていたのが「アフロビート」と呼ばれる音楽です。

代表曲:Fela Kuti - Zombie - YouTube

JAGATARAはこれに強く影響を受けたグループでした。

 

JAGATARA - SEX DRUG ROCK'N ROLL (1988)

youtu.be

アフロ色が薄まってファンク色が濃くなった印象ですが、溢れ出る楽しさが共通していると思います。

 

JAGATARA - つながった世界 (1989)

youtu.be

この辺りからは、楽しさだけにとどまらない、何か新しい表現が出てきそうな感じがあったのですが、残念ながらこのグループも中心人物の逝去により活動停止。メンバーも散り散りとなってしまうのですが、忘れ去られるには惜しいバンドだと思います。


JAGATARAApple Music にありますが、残念ながら SpotifyAmazon Prime Musicにはありません。

ビデオは、「ナンのこっちゃいHISTORY OF JAGATARA I〜III」という DVDが出ていて、中古で手に入りますが、価格は高めですね。最初の2つのライブは I、「SEX DRUG ROCK'N ROLL」は II、「つながった世界」は III に収録されています。

ナンのこっちゃいHISTORY OF JAGATARA I [DVD]

ナンのこっちゃいHISTORY OF JAGATARA I [DVD]

 
ナンのこっちゃいHISTORY OF JAGATARA II [DVD]

ナンのこっちゃいHISTORY OF JAGATARA II [DVD]

 
ナンのこっちゃいHISTORY OF JAGATARA III [DVD]

ナンのこっちゃいHISTORY OF JAGATARA III [DVD]

 

ZABADAK

先月、ELLEGARDENYouTubeチャンネルを見つけた時に、「そういえば昔好きだったあのアーティストは?」と思っていろいろ検索してみたところ、意外と動画がありますね。CDは持っていても、ビデオは持っていないものが多かったので、いろいろ注文してしまいました。ここでも少し紹介してみようと思います。

ZABADAK

ジャンルだとプログレになるようですが、メジャーなアーティストで一番近いのは Enya だと思います。

 

ZABADAK - 遠い音楽 (1990)

youtu.be

私が一番好きな ZABADAKの曲です。

 

ZABADAK - Poland (1987), ガラスの森 (1987)

youtu.be

Polandは一番好きなインスト曲。リコーダー(商業音楽では滅多に使われない)が素晴らしい。この2つのライブ動画は、次のコンサートのものです。

“NOREN WAKE

“NOREN WAKE" AT 日比谷野外音楽堂1993.9.25 [DVD]

 

 

ZABADAK - harvest rain (1990)

youtu.be

典型的な ZABADAKの曲。すごく好きなグループだったんですが、PVを出していたのを今回初めて知りました。

1986-1993 スペシャル・エディション [DVD]

1986-1993 スペシャル・エディション [DVD]

 

 

作曲家・ギタリストの吉良知彦さんを中心として30年以上活動しているグループですが、私は結成の1985年から1993年までの、吉良知彦が作り、上野洋子が歌うZABADAKの楽曲が好きだったので、それ以降の動向についてはほとんど知りませんでした。なので、今回見つけた YouTubeビデオのコメント欄を見るまで吉良さんが亡くなっていたことにも気がつきませんでした。3年も経っていたんですね。

 

ZABADAKの音源は、 SpotifyApple Music、Amazon Prime Music にほぼ全作品あるようです。私が好きだった時期の曲からプレイリストを作ってみました。

R.I.P.

BAND-MAIKO『BAND-MAIKO』感想

去年のエイプリルフール企画だった、BAND-MAIKOBAND-MAIDの変名バンド)の7曲入りミニアルバム。

BAND-MAIKO

BAND-MAIKO

  • BAND-MAIKO
  • ハードロック
  • ¥1350

和楽器を取り入れ、「和」を前面に出したアレンジが売りのプロジェクトで、7曲中6曲がセルフカバー、1曲が新曲(MV も作られている)という構成。

オリジナルグッズも揃えて、本格的に「商品」として始動ですね。

 

全体の感想は、

  • イントロが凝っている
  • 「合いの手」が面白い
  • カバーで個人的に一番良かったのは「Akasimahen」(原曲「Awkward」)
  • 歌詞はあまり気にならなかったが、日本人だと歌詞の「ふざけ具合」に反応する人が多いようだ
  • グッズは渋くて好み

「和」のリアレンジの方法としては、

  1. オリジナルをなるべく生かして、和楽器(+合いの手)を追加
  2. オリジナルの一部のパートを和楽器に変更
  3. 和楽器をメインにした新しいアンサンブルで作り直し

という感じになると思うのだが、1のパターンの「虎 and 虎」「YOLOSIOSU」はちょっと音の数が多過ぎてうるさく感じた(聴き込むとそれほど気にならなくなったのだが)。「secret MAIKO lips」はそういうこともなかったんで、何が違うんだろう。「YOLOSIOSU」はテンポを落として、和楽器中心でしっとり仕上げても良かったかもしれない(A Taste of Honey の Sukiyaki のイメージで)。

 

「Akasimahen」は、和楽器にストリングスを新たに加えたり、途中にため息を入れるなど凝ったことをしている。ひょっとするとこの曲のリアレンジ自体は前から検討していたのかもしれない。「すくりーみんぐ」はイントロの鼓の「ポン」をもうちょっと使っても面白かったんじゃないかと思いました。

 

オリジナルの「祇園町」も素晴らしく、コーラス(「ヨイヤ ヨイヤサ」)と合いの手が面白い。メロディの着想もひょっとするとこの辺が先だったのかもしれない。

 

制作の裏側は以下のインタビューに情報があります。

www.barks.jp

natalie.mu

こんなのもありますね。

youtu.be

 

今後の展開としては、

  • 4月の恒例行事になるのかな?
  • その場合、毎回アルバムは大変だろうから、新曲1+リアレンジ1〜2曲のシングルと新グッズ追加ぐらいで良いのでは。アルバムは3〜4年に一度で
  • 舞妓ビジュアルを生かしたグッズはあっても良い気がするが、ここで作らなかったのは本人たちの意向なのかも

これから、バンド形態のミュージシャンが音楽で食っていくのはかなり厳しくなると思うので(ただでさえ厳しいのに5人分だからね)、いろいろ収益化を探るのは良いと思います。BAND-MAIKOは外国での受けもいいしね。

 

公式サイトはインタビュー記事の英訳とか頑張ってますが、「お盟主様の会」も外国の人が利用しやすいようにした方がいいのでは(ファンクラブの案内のページは日本語だけのようだし)。reddit にチケットの取り方の質問とかあったので、この辺も取り扱えると、より良いかも。

www.reddit.com

BAND-MAIKO ミニアルバム発売

bandmaid.tokyo

 

というわけで Amazon を見たら、なぜか3種類出ていた。

BAND-MAIKO (通常盤)

BAND-MAIKO (通常盤)

 

これは CD のみ。 

 

これは CD+ Makingのみ? ※公式のニュースをよく見ると、Another Versionなので、DVDの Making とは違うらしい

【応援店特典】
対象店舗・オンラインで購入のお客様に
祇園町(Making of Music Video -Another Version-)」が先着で付与されます!
特典はなくなり次第の終了となりますので予めご了承ください!

 

BAND-MAIKO (完全生産限定盤)

BAND-MAIKO (完全生産限定盤)

 

 これは CD+DVD(祇園町MV+Making)+GOODS。

ってことかな?

 

曲だけ聞くなら、iTunesの方が割安ですね(予約価格1100円、通常価格1350円)。

BAND-MAIKO

BAND-MAIKO

  • BAND-MAIKO
  • ハードロック
  • ¥1350

 

BAND-MAIKO グッズも正式発売です。

プロモビデオの費用も回収できそうだね。

 

あと、公式のニュースによると

※リリースに伴い、もう少しの間BAND-MAIKOでおりますが

らしいので、公式ホームページとTwitterの写真はしばらくそのままみたいですね。